店内のイメージの統一感

■ブランディングのヒント

 

こんにちは。シャンプーソムリエことセッキーです。

 

美容室の店内イメージってお客さんは良く見ているようです。

特に女性はドアノブコンセントカバーなどにも視線が行きます。

 

今回は、鎌倉にあるクレープ屋さんの拘りをご紹介します。

サロンマーケティング研究所ブログ
カップルや家族でにぎわうクレープ屋さん

 

サロンマーケティング研究所ブログ

 

歩き疲れた後にホット一息つきながら、クレープを食べることができる店内。

クレープはペーパーに巻かれていますので、必ずゴミが出ます。

 

テーブルに置くかゴミ箱があれば捨てるところですが、パット見てゴミ箱らしきモノが店内には見当たりんません・・・

 

よくみると、こんなモノがあります。

サロンマーケティング研究所ブログ
なにやらゴミ箱らしいですが、店内にマッチしていて違和感がありません
サロンマーケティング研究所ブログ
使い方はこんな感じのゴミ箱

 

こんなゴミ箱ならせっかくの鎌倉散策のイメージも、店内の落ち着いたシックな雰囲気も壊しません。

店内イメージのブランディングは、お客さんが持つイメージをどこまで崩さずに、その空間を演出できるか?

 

・・・ですね。

チョットした工夫で、店内のブランディング力は高まるモノです。

 

あなたのお店で、少し浮いているところが無いか確認してみてください!

きっと、お客さんはそこに違和感を感じています。

関連記事一覧