やりきったので悔しくはない

■高校球児に学ぶ最後10%の詰め

 

おはようございます。シャンプーソムリエことセッキーです。

ボクは中学時代野球をしていました・・・でも、あまり興味が無い。

 

全国高校野球選手権大会も観ようと思って観たことはありません。

でも、夜のニュースのダイジェスト版等は観ます。

 

そして・・・感動します。(ちょっと変?)

サロンマーケティング研究所ブログ
日大三・鈴木捕手

 

例えば・・・

ピッチャーが思い切って低めの決め球が投げられるように、どんなボールでも絶対に後ろにそらさない。

そういう気持ちで一戦一戦を戦ってきた日大三校の鈴木君。

サロンマーケティング研究所ブログ
能代商・保坂投手

 

16日、対「如水館」延長12回まで、全試合を一人で投げ抜いて、健闘及ばず敗退した「能代商」の保坂君は「やりきったので悔はありません」と語っていました。

 

・・・・そうかも知れません。

 

悔しいという気持ちを超える位、やりきるコト!

 

それってどんなことでも共通するコトかと思います。

 

当然、その後はさらに向上心を持って上を目指す人もいつと思いますが、最後の最後まで力を振り絞る姿は多くの人に感動を与えますネ。

 

それが、応援されるコトにつながるのではと、高校球児に魅せられました。

関連記事一覧