マクロバブルの不思議 徹底解明 第二章

 

MNBのお風呂やシャワーでペットを洗浄すると、シャンプーを使わず汚れが取れたり、皮膚疾患が治ったりしています。

確かに、動物病院の先生にインタビューすると、動物の肌はデリケートで、人間用のシャンプーを使用すると肌荒れを起こしたりするらしい。

理由は、動物の肌のペーハーがやや中性寄り(Ph7が中性)と言うコトも合わない理由のようだった。

このNMBの効果を解明した論文を読むと、次のような事らしい。

私達の身体には、危険を感じると、何らかの防衛態勢に入る。

その感知する原理に「電位差」というものがMNBでは関係しているといいます。

動物や人間の身体表面はプラスの電位を持っていて、その数以上のマイナスの電位が加わると“電位差”が起きて、微弱な電気信号が知覚神経を刺激するという仕組みだ。

確かに、静電気や、マイナスイオン発生器、マイナスイオンドライヤー等、見渡すと様々な所で「電位」に関するものは存在する。

では、MNBで動物の皮膚疾患等が改善される時に何が起こっているのか?

シャンプーを使わないのに何故汚れが落ちているのか?謎は深まるばかり。

論文には「アンチエイジング」なる健康維持機能を活発にするということが分かってきたと書いてあります。

健康維持に必要不可欠なのは成長因子なるもので、wikipediaでは次のように書かれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

成長因子(せいちょういんし)とは、動物体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の総称である。増殖因子細胞増殖因子(さいぼうぞうしょくいんし)などともいう。

様々な細胞学的・生理学的過程の調節に働いており、標的細胞の表面の受容体タンパク質に特異的に結合することにより、細胞間の信号物質として働くと書いてあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この成長因子の一つにインスリン様成長因子1(IGF-1)というものがあるが、今まで「IGF-1」は「成長ホルモン」によって増加するとされていました。

ではIGF-1が増えると何が良いのか?

関連記事一覧