ホホバオイルについて

■万能オイルホホバオイルって?

こんばんは。シャンプーソムリエことセッキーです。

本日2回目の記事でアルガンオイルについて触れましたので、3回目の記事はホホバオイルについて書きます。

また、この記事は以前一般の方約6000名にボクが、ホホバオイルを使った「頭皮ケアの特集コラム」を書いた記事を元に編集しています。

先ず、オイルとは油です。

頭皮を詰まらせている「過酸化脂質」は毛根に詰まった脂が酸化して出来たモノ!

そこに同じ油をつけると当然、馴染みが良いですね。

ですので、オイルは基本的に過酸化脂質を取り除くのに適しています。

では、頭皮の安全面から考えて行きましょう。

頭皮に油をつけて過酸化脂質を取り除いたとしましょう。

すると、頭皮、特に毛根には使用した油が残ります。

イメージ出来ましたか?

この残った油が問題なんです。

通常のオイルと言われるモノは時間がたつと「酸化」します。

酸化とは腐るというコトですので、以前お話しした「過酸化脂質」に変化します。

つまり、酸化し易いオイルを使用すると一旦は毛根がキレイニなるのですが、残ったオイルは過酸化脂質になり結果、頭皮には良くないんですね。

そこで、頭皮に残っても酸化しないオイルを使わなければ安全な頭皮ケアはできないんです。

では、どれが良いのか?
というコトになってきます。

頭皮に優しいからオイルで過酸化脂質を取り除くと言うコトはお伝えしましたが、残っても安心なオイルを使うコトが大切なんです。

そこで、探しだされたのが「ホホバオイル」なんです。

ホホバオイルは昔から様々な所で使われてきました。

ネイティブアメリカンは傷口の治療薬にも使っていたようです。

このホホバオイルはホホバの実から抽出されます。

品質により様々なホホバオイルがあるのですが、エステサロンのオイルマッサージに良く使われています。

何故ホホバオイルがマッサージに良いのかと言いますと、ホホバオイルは美容オイルの中で唯一私たちの肌成分と同じ構造を持つオイルで、瞬時に浸透して角質層に長時間とどまるため美容オイル特有の「べたつき」が感じられません。

しかも、天然ビタミンEを豊富に含んでいるため、「オイル焼け」するどころか紫外線によるダメージからお肌を守ることができるんです。


余談ですが、キレイに肌を焼きたい方は、日焼け前にホホバオイルを塗るとどんな日焼けオイルよりもキレイに焼けて肌のひりひり感や乾燥が無いようです。

本来私達が持つ皮脂には「ワックスエステル」という成分が含まれていて、外からの異物の進入を防ぐバリア機能や体内からの水分や電解質の損失を防ぐ保湿機能があります。

乾燥し易い肌はこの皮質の分泌が弱く、水分が抜けやすいコトが原因で肌荒れもし易くなります。

ですので、その部分を「ワックスエステル」であるホホバオイルが肌に良いんですね!

逆に脂症と思う方には、皮脂の過剰分泌を抑える効果もありますので使用を続けると徐々に改善されるようです。

関連記事一覧