アルガンオイルと万能型オイル

■アルガンオイルorホホバオイル?

 

こんにちは。シャンプーソムリエことセッキーです。

 

4年前に一時研究していたオイルがあります。

それが「アルガンオイル」です。

サロンマーケティング研究所ブログ

このオイル、少し手に入りにくいオイルなのですが、最近になって大分知名度も上がってきましたね。

このオイルは、モロッコ南西の限られた地域に生育するアルガンの木の実から搾られる植物オイルで、ユネスコの世界遺産にも登録され、厳しく管理されています。

さらに、このアルガンオイルは戦争の傷跡として、地雷地帯が未だにあちこちにあるモロッコでは、その他の産業が育ちにくく、このオイルの輸出が国の大切な収益源にもなっています。

そして、モロッコでは、何世紀も前から食用、肌の治療、滋養強壮など生活に密着したオイルとして愛用されてきました。

アルガンオイルは、植物油の中で最も「ビタミンE」が多く含まれているオイルです。

また、酸化防止効果の高い「トコフェノール」という成分を含んでいます。

さらに、毛穴の汚れを落とし、乾燥を防ぐ働きがあると謳われているオイルです。

 

使い方は様々ですが、アルガンオイルでのフェイシャルマッサージは良いと聞きます。

顔を優しくマッサージしてから蒸しタオルを当て拭き取るという使い方で、毛穴の汚れなどもキレイニ取れて、肌がもっちりとした柔らかさになり、べたつきがありません。

 

オイルなのにアルガンオイルはべたつきが無い理由に、非常に浸透が良いということがあげられます。

但し、浸透が良い分、長時間マッサージをしているとすべりが悪くなると言った欠点もあります。

 

そこで、万能型オイルの登場です。

それが、ホホバオイルです。

 

ホホバはアルガンオイルがモロッコの人々の生活を助けてきたと同様に、ネイティブアメリカンの様々な生活面を助けてきました。

サロンマーケティング研究所ブログ

また、腐らないと言えるくらい酸化しないオイルなのですが、その理由はオイルという表現をされていますが、実際にはワックスエステルというオイルとへ別のくくりにされています。

 

また、安全性はぴか一で、医療での指定オイルにされてるのがホホバオイルなんです。

ボクの中では、どちらのオイルも研究をしてきましたので、どっちがいいというコトは言えませんが、上手に使い分けをする。

 

または、用途とコストを考えた商品選択をされることをお勧めします。

関連記事一覧