価格の安いシャンプー

■イメージや売り方が上手いシャンプーって・・・

 

おはようございます。セッキーこと関川忍です。

最近、色々と市販で売れているイメージのいいシャンプーの相談を受けます。

 

例えば・・・

ノンシリコン

アミノ酸系の洗浄剤を使用

髪と頭皮に拘りました

○○プロデュース

オーガニック

サロンマーケティング研究所ブログ

最近、消費者にとって良いイメージが定着しつつあるフレーズですよね。

 

でもですね・・・

沢山見させて頂いていますが、価格が安いシャンプーはあまりオススメはできません。

 

基準として200mlで約2000円以上のモノなら安心して使っても良いかもしれませんね。

 

どんなに、素晴らしい成分を入れていたとしてもです。

 

シャンプーで一番原価が高く使用量が圧倒的に多いのは、界面活性剤(洗浄成分)です。

ですので、どんなに素晴らしい成分を使用していたとしても、安い界面活性剤(洗浄成分)を使えば、600mlの量でも2000円前後の価格に抑えるコトができるからです。

 

シャンプーで一番注意しなければいけないのが、、有効成分ではなく、界面活性剤(洗浄成分)だからです。

 

また、○○プロデュースという触れ込みのシャンプーも見させて頂くことがありますが、あまり、その辺を勉強していない人が携わったと思えるものもあります。

 

有効成分を入れる前に、シャンプーによる頭皮や髪への弊害を先ずは知った上で、考えた方が良いかとボクは思います。

 

そこで、多少価格が上がっても、ゆくゆくは愛用者のためになるんじゃないでしょうか?

関連記事一覧