新規集客は「誰」を呼ぶかで方法が違う

■誰に来てほしいのかを考えましょう

 

こんにちは。セッキーこと関川忍です。

 

新規集客をするうえで一つイメージして欲しいコトがあります。

それが、「誰」を呼びたいのでしょうか?と言うことです。

 

それは、呼びたいお客さんによって集客の方法も変わるからです。

例えば、家族の方を呼びたいのであれば紹介という一つの方法が考えられます。

 

「誰」をイメージすることで、その人の情報収集源もWEBなのか、地域誌なのか、新聞折り込みなのかどのような販促をメインで行うコトがベストなのかが見えてきます。

 

さらに、そのお客さんはいつもどのような「不」を抱えているのかという心理をイメージしてみてください。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

●●が不満なの~

△△に不安を感じる・・・

■■みたいに見られたい!

 

そして、そのお客さんがお店に来てくれるとしたら、どのようなきっかけがあると来てくれるのでしょうか?

また、どのような情報を得ることで、勇気を持って行くという決断ができるのでしょうか?

 

このようなコトをしっかりとイメージすることで新規集客の方法が見えてきます。

新規集客=安売りという概念はココには存在しません。

 

そこにあるのは・・・

困っているまだ出会っていないお客さんに、あなたのお店の存在を正しく伝えてあげるコトです。

 

関連記事一覧