応援される美容室

■子供からも愛される存在

 

おはようございます。セッキーこと関川忍です。

 

昨夜はクライアント先の美容室のミーティングでした。

移転オープンして約3ヶ月経ちますが、次の売上アップのための実行プランの最終チェックです。

 

そして、お店に入ると・・・

サロンマーケティング研究所ブログ

受付カウンター付近に見慣れない折り紙が沢山置いてありました。

鶴、ウサギ、ひまわり、アサガオ、ハートとバリエーション豊富です。

 

そして、良く見るとお手紙のようです。

そこには、ひらがなばっかりの小学生のような字体で何やら書かれています。

サロンマーケティング研究所ブログ
おそくなりましたがかいてんおめでとうございます。
とてもきれいですね。
がんばってください。

 

この折り紙の山は、お店の移転オープンのお祝いに届けられたお手紙でした。

 

小さな子どもたちからも祝福される美容室って間違いなく成功するお店ですよね。

こんなお手紙が届く美容室が沢山増えることをボクは願っています。

 

地域に根差し、地域にその存在が必要不可欠であってこそ、共感される美容ビジネスが成立すします。

あなたのお店は、あなたのお店のある地域に愛されるお店であってください。

関連記事一覧