熟女湯河原××事件Ⅱ

■熟女を引き寄せ得る飲食店の秘密Ⅱ

こんにちは。セッキーこと関川忍です。

 

前回の記事で書いた湯河原駅近くの飲食店の販促についての続きです。

閑散とした湯河原駅前商店街に思いっきり浮いたカフェウェスト

サロンマーケティング研究所ブログ

入り口のドアを開けるとそこには・・・

サロンマーケティング研究所ブログ
お土産屋のようなにぎやかなカウンターが・・・

 

入り口のドアを開けると、目の前に小物が盛られたカウンターが目に飛び込んできます。

それとは逆に店内はとっても落ち着いた雰囲気です。

サロンマーケティング研究所ブログ

良く見ると、やや年齢層の高い女性客がところどころで談をとっています。

ボク達はカウンターを境にしたところに座っていますが、他2組ほどいる感じです。

 

時間帯は夕方の4:00位。

しばらくいるとまた、品の良い50代中盤くらいのご夫婦と思われるお客さんが入ってきました。

 

すると、殆どのお客さんはコーヒーだけのオーダーではなく、軽食や遅い昼食なのか、早めの夕食なのかオーダーをしています。

 

そして、目の前に広がるカウンターをチラチラとみていると・・・

 

サロンマーケティング研究所ブログ
「売れています」
大人気のためラスト1点です。

切子のぐい飲みのペアグラスが並んでします。

POPもなかなかなもんだなぁ~。

 

そう感心して周囲を見渡すと

サロンマーケティング研究所ブログ

 

サロンマーケティング研究所ブログ
バックボルダー

 

なんだこれ?と思っていると、そんなお客さんが結構いるのでしょうか?

しっかりと見本を出しています。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
このようにテーブルにバッグを提げる携帯のハンガーです

 

しかし、良く見るとどうも50代以上の女性が好むデザインのモノが多い感じです。

 

しかし、上手いもんだとまたまた感心していると・・・

 

サロンマーケティング研究所ブログ
これなんでしょう?

 

何か良く分からないモノが見本として置かれています。

もう、この時点でボクは完全にドンキホーテに行った状態です。

 

今度は何があるのか楽しみ始めていました。

 

そして、この見本で出ている商品は・・・

 

サロンマーケティング研究所ブログ
中ならレンズがスライドで出てきてライトまで点灯します

 

なんと、携帯の虫めがねのようです。

完全に老眼世代を狙った商品ですね。

 

このようなモノが所せましと置かれていますが、各商品に上手いPOPがそれとなく用意されています。

 

これは、完全に熟女狙いの衝動買いコーナーと判明!

 

そこで、なるほど!と気付くコトは

海沿いに行けば若者でにぎわうファミレス街などがある湯河原。

その閑散とした駅前商店街で落ち着いて女子トークができる場所もない。

 

そのため、熟女が好むお店の雰囲気、そして小金を使えそうな少し贅沢なメニュー。

そさらに近隣では手に入らない、チョイカワ系の小物。

 

まさに、熟女が熟女のために創り上げたお店。

それがカフェウェストだったんです。

 

当然旦那は奥さんの行きつけのお店に連れ出されます。

 

熟女同志、旦那を引き連れてのチョイデート。

完璧です!

 

ここ湯河原駅近くにあるカフェウェストは年齢を絞った独占市場を築きあげていたのです。

 

あなたの住む駅周辺や商店街にも、客単価の高いこのようなカフェはありませんか?

関連記事一覧