新規顧客と既存顧客へのアプローチ

■販促は誰にするのかが大切です

 

おはようございます。セッキーこと関川忍です。

 

販促を誰にするのか?

それをキチンと考えなと、せっかくのチラシや企画がもったいないですね。

 

販促を大きくわけると

①既存顧客に向けた販促

②新規顧客に向けた販促

 

この2つしかありません。

 

それをより細分化することで、販促の目的も明確になってきます。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

たとえば・・・

既存顧客でも周期が延びてきている人にする販促。

単価が低い顧客にする販促。

等です。

 

販促ツールを考える上でこのあたりを明確にしていると、効果的な販促ツールも作り易くなります。

特に今の時期は、新規出店の場合を除いて、既存顧客のロストを避ける販促を先ずはしておくことが大切な時です。

 

もし、あなたが販促をお考えでしたら是非、①なのか、②なのかを見極めてください。

 

関連記事一覧