白髪対策

■白髪の出来る原因

こんばんは。セッキーこと関川忍です。

白髪が出来るには、2つの原因があるとボクは思います。

一つは「色素幹細胞」のトラブル
二つ目は「メラニン細胞」が弱っている

「色素幹細胞」は紫外線等により損傷が与えられると量が減ってしまうと言われています。

つまり、白髪の原因の一つは「活性酸素」かと思います。

そして、「メラニン細胞」の活動はストレスや栄養不足等が原因で減退し元気なメラニン細胞が作られなくなります。

つまり「ストレスや栄養不足」が二つ目の原因かと思います。

また、この栄養不足は髪を作る元を髪の毛の原料の貯蔵室「毛乳頭」に蓄えられなくなるので、髪そのものも細くなったりします。

そして、髪の主成分はたんぱく質です。

このタンパク質が適切に作られなくなると髪自体の元となるFGF(繊維芽細胞増殖因子)の量が減って

色素細胞の製造能力が低下します。

これらを引き起こしているのが
→紫外線等の活性酸素

→ストレスや栄養不足(血流が悪い)

という2つの原因が大きく関係しているのではと考えています。

この予防は
紫外線による活性酸素の除去
FGF等を直接補う
頭皮の血行促進を行う
栄養バランスを整える
適度な睡眠やストレスを残さない

どれか出来るコトを先ずは始めてみませんか?

関連記事一覧