商品を売る方法は・・・

■店販が売れる秘訣

 

おはよござます。セッキーこと関川忍です。

 

美容室で商品が売れる人と、売れない人がいます。

売れる人は売ろうと思っているかというと、案外そうでもありません。

 

では、何が違うのでしょう・・・?

そこで、一つ!

 

店販が苦手な方に是非やって欲しい方法があります。

それは、医療では義務ずけされてる「インフォームド・コンセント」です。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

インフォームド・コンセントにおける説明は最低限、次のコトが説明されないといけません。

①診断の評価(病名など)

②治療の目的、方法、予想される利益(メリット)

③他の治療方法(治療しないで様子を見るというコトも含みます)

④推奨する治療法で予想される苦痛または、不快、危険および副作用(デメリット・リスク)

 

この4つの項目を確実に行えば今以上に店販は売れますし、メニューもやる人も出てくるので、単価もとれます。

 

店販が売れない、単価が低い原因は、伝えるコトを伝えていないだけの場合が多いです。

手を抜かず、めんどくさがらずきちんと行うだけで良いんです。

 

カンタンですし、美容師としてもこれは最低限行うコトは当たり前とおもってやって欲しいと思います。

関連記事一覧