POPにはユーモアを

■クスッと笑えるPOP

 

こんばんは。関川忍ことセッキーです!

 

文章には「性別」やその人の「性格」等が現れると言いますが、POPも十分個性が出ます。

 

字体、色遣い、デザイン・・・

一つの商品やサービスを伝えるにも、POPを描いた人の個性がそこには現れるものです。

 

また、POPってチョット気の抜けたところがあった方が反応率が高いような気なします。

「買わされないように」という消費者の心の緊張をホット解きほぐす。

 

あるスーパーのPOPも頑張ってユーモアを出しています。

(たぶん、今までのきっちりPOPから脱却しようとしていると思います)

 

その、がんばり感が伝わって来たのが、いつも価格を安めにしている商品についているPOPです。

だから、いつもやすいコトを伝えています。

 

そうすると、お客さんの間でも・・・

「ねぇ~、この商品っていつも安いよね!」

 

そんな、会話が出ているかもしれません。

 

その、お客さんの声と、クスッと笑える表現をしている、頑張ったなぁ~って思えるPOPです。

サロンマーケティング研究所ブログ
いつも安いね(値)・・・(笑)

 

スーパー側も、なんとかPOPで商品が売れるように、努力しているという感じが伝わってきます。

 

美容師さんの場合もっとユーモアやデザインセンスも良いのかもしれませんが、反応しやすいPOPの一つはどこかユニークなところがあるモノかなぁ~って思います。

関連記事一覧