正直にお店をする

■あなたは、正直にビジネスをしていますよね!

 

こんばんは。関川忍ことセッキーです。

 

少し前のビジネスは、インターネットのインフラが整ったころから、人の心理を操ったケース広がっていました。

ダイレクトレスポンスマーケティングが悪用されてきた時代とも言えますネ。

 

でも、今からはそういったテクニックでモノやサービスを売るのではなく、等身大で正直に価値を伝えて顧客創造をするのが合っているのかと最近思います。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

そして、拡大や前年比越えを常に考えている店よりも、等身大で正直にビジネスをしている小さなお店の方がブランド力が出てきそうです。

 

そのためには

・・・何をしたいのか?

・・・どういった形で表現し、情報化し、発信していくのか?

 

を明確にしておく必要があると思います。

 

ホームページ、ブログ、メルマガ、ツイッター、フェイスブック等インターフェイスも多いほうがいいのでしょうが、ばらばらな情報発信はもったいないですね。

 

さらに、それを行うためには、「蓄えるモノ」「手放すモノ」をはっきりとさせるコトが必要です。

そして、それらをインターネットツールを上手く活用し、顧客からの共感を得る。

 

何事も「一貫性」って大切ですね。

特に、今からはそれが非常に大切なのかなぁ~ってボクは感じます。

 

関連記事一覧