実験も勉強のうち

■モノ売りでも商品の体験は必要

 

こんにちは。関川忍ことセッキーです。

 

ボクの会社は基本コンサルティングや商品を売るのが仕事です。

そこで、商品の内容成分や施術方なども勉強しなければいけません。

 

ここまでは普通なのですが、実際にモデル実習を兼ねた実験なども行います。

サロンマーケティング研究所ブログ
リタッチ部分を慎重にカラーリングするテキサス古瀬

今回は、プリンちゃんの根元のリフトアップとカラーの実験。

テキサス古瀬は勤務歴ながないので、かなりの腕前です!

サロンマーケティング研究所ブログ
真剣に施術を行っています

 

レミー岡野はモデルさんの髪にトリートメント剤(処理剤)を塗布しています。

毛束の扱いが慣れないと難しいですね。

 

たまたま、ボクが元美容師だったこともあり、社内ではこのようなコトをたまに行います。

通常は自分の頭や毛束での実験ですが、このような経験をすると美容師さんの仕事や、技術の大変さが体験できて視点が広がるので勉強になります。

 

「聞く」「見る」そして「体験してみる」って大切だとボクは思います。

体験したからこそ理解できるコトってありますよね!

 

そうそう、実験の結果は思った結果になりませんでした(涙)

次回の実験の課題、そして髪のダメージによる施術の難しさが体験できたことでしょう。

関連記事一覧