客単価、指名率を上げる方法①

 

おはようございます。関川忍ことセッキーです。

美容室経営者の悩みにスタイリストの「客単価」「指名客数」をどうしたらいいのか?

 

そういう相談を頂くことがあります。

 

そういう時にボクは、第一線で働いている経営者の方でしたら、あなたがやっているコトを教えればいいんですョ。

 

そう答えさせていただいています。

 

しかし、そういう方は殆ど自然にやられているので方法論としては理論化されていません。

理論化されていないというコトは伝えるコトが出来ないんですね・・・。

サロンマーケティング研究所ブログ

そこで、その1つの方法をここでご紹介しようと思います。

 

特にポイントは「カウンセリング」の段階ですね。

当然技術や知識があってのことです。

それは、カウンセリングの精度が上がっていくことで、お客様のヘアスタイルに関する提案や、実際のスタイルづくりでの完成度が変わってしまうからです。

 

よく、グラボブをスタイリストに切って頂くと、それぞれ違うグラボブが出来上がります。

これは技術の差です。

 

その差をなくすために技術トレーニングが必要なんですね。

また、お客様に髪の状態や、施術内容を分かりやすく提案し、説明するにはあらゆる知識を総動員しなければいけませんからね。

 

その条件を持っているという前提でのカウンセリングについて書いていこうと思います。

サロンマーケティング研究所ブログ

では、簡単にカウンセリングの流れを今回はお伝えします。

特に新規客に対してです。

 

①御来ご予約時に頂いた情報の確認質問をお客さんにします。

②お客さんの抱える「不満」「不便」「不安」を探ります。

③希望のスタイルの確認をします。

④②③の再確認をします。

⑤それを解決する方法やメニュー、ヘアスタイルを数個提案します。

⑥施術内容とメニューの了解を確認します。

 

ざっとこのようなプロセスを経てカウンセイリングが終了します。

このプロセスを経ることで、客単価は上がり、指名率も上がっていきます。

 

次回①からお伝えしていこうと思います。

 

関連記事一覧