父とビジネス②

■父とビジネス②

 

「感性思考」は、経営者の方向けに書いているので、ちょっと難しいけれどがんばって理解できればきっとお役に立つと思いますよ♪



こんにちは。東譲ことガネーシャです。

 

前回、『敬』 ⇔ 『恥』 = 『進歩』についてでしたが、今回は後篇です。

世の中は、常に変化するものです。

日々、進化、成長しています。

あなたの成長が止まるコトは、世の中に取り残される。

つまり死を意味します。

この視点から見た時、ビジネスと無関係と思える父との関係性。

又、ご両親のおられない方は、その役割を担ってくれた方々。

この関係性を良質なモノに変えていく。

これは、あなたの会社を発展させる根源そのものと言えます。
悲しくも虐待してしまう親。

多くのケースが、自身が虐待の体験者です。

同じように、尊敬する対象がないというコトは、地域から愛されない企業、社員から尊敬されない会社。
このような不の循環を生み出すというコトです。

 

 

「あえて父の苦言に耳を傾けましょう。」

 

会社の組織風土が変わります。

 

「母に優しいコトバをかけてみましょう」

 

穏やかな人間関係が作れます。

 

とても不思議ですが、これは真実のお話です。

関連記事一覧