宇宙戦艦ヤマト出発!

■放射能除去装置

 

こんばんは。関川忍ことセッキーです。

 

今や世界の原発メーカーの5社中、3社も日本のメーカーが占めています。

今回の福島原発は、40年前に、米国GE社の技術供与によるものですが、「原子力発電」の危険性や操作性などに問題アリとしていた、先進国の各メーカーが、原発事業の継続を躊躇している時に、日本のメーカーが飛びついてしまったのでは?と思える感じもします。

 

そして、今回の震災により世界で懸念されていたコトが起きてしまいました。

放射能の拡散被害ですね。

 

この放射能を浄化するために、世界最大の原子力産業複合企業アレバ(アレヴァ)社 (仏:AREVA SA)の汚水処理装置を設置しました。

サロンマーケティング研究所ブログ
アレバ社の浄化装置

浄化方法は、汚染水に特殊な化学物質を投入して
放射性物質を水底に沈殿させ、
沈殿物を水から取り出すことで分離させます。

 

処理後は、水の汚染濃度を現在の1千~1万分の1程度まで薄めることができて、1時間あたり水50トンの処理が可能といっています。

放射能もこうなれば、無害化してしまえば怖くありませんね。

まるで宇宙戦艦ヤマトに出てきた「放射能除去装置コスモクリーナー」です。

サロンマーケティング研究所ブログ
地球を覆う放射能を除去するコスモクリーナー

 

そこに、新たな放射能除去の進展がありました。

金沢大学の太田富久教授が、放射性物質を含む汚水を浄化する粉末を開発しました。

 

研究段階のようですが、実用化すれば、1時間に1000トンの水を処理でき、仏アレバの処理能力のなんと20倍に相当するらしいです。

 

実験の結果ヨウ素、セシウム、ストロンチウムを100%除去できたようです。

サロンマーケティング研究所ブログ
放射能に汚染された地球を後に、
地球の運命を背負い「イスカンダル星」を目指すヤマト

地球の運命を背負ってヤマトが地球に持ち帰る「放射能除去装置」は、

はたして、どんなモノなのか・・・!?

放射能除去に挑む大学や企業に
応援クリックお願いします!
↓  ↓  ↓
サロンマーケティング研究所ブログ

関連記事一覧