マイクロバブルってなに?②

■マイクロバブルは何故水中で消えるのか!?②

 

栓を抜いても「プシュ!」と言わない炭酸水

サロンマーケティング研究所ブログ
国産の天然炭酸水
奥会津「aWa心水」

 

こんにちは。関川忍ことセッキーです!

 

水中でのマイクロバブルの周りには、マイナスの電子が集まっています。

マイナスイオンと表現する方もいますので、マイナスイオンを沢山まとった泡という感じです。

サロンマーケティング研究所ブログ

泡が小さくなると、マイナスイオンが狭い範囲に凝縮されていきます。

 

ゆっくり小さくなるときには、マイナスイオンは周りの水に溶けていきますが、縮小速度が早いと、マイナスイオンが気泡の周りで濃縮されるようになります。

サロンマーケティング研究所ブログ
集合!!

 

最終的に気泡は、イオンの塊のようになって消えていくようです。

 

また、水のイオン濃度がある程度高い場合には、気泡が凝縮されたマイナスイオン覆われて、内部の気体が水に溶けにくくなります。

 

つまり、気体は非常に微細な気泡のまま、消えずに残るものが出てきます。

これが「ナノバブル」です。

 

ナノ化された微細な泡は水に長期間残ることになるんですね。

これは、マイクロバブルを発生させたときにできるほか、マイクロバブルを圧壊させる(泡をたたきつぶす)とナノバブルが効率的にできることが分かっています。

関連記事一覧