販売の促進につなげるシナリオ

■販促のシナリオとは?

 

こんばんは。関川忍ことセッキーです。

ネットの広告サイトで以前こんなモノが出ていました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

毛穴開いている人限定

ここでターゲットをギュッと絞り込んでいますね。

 

そして、どんな毛穴なのかをさらに細分化して、ターゲットに当てはまる症状を提示しています。

 

9個というのは結構多いですが、当てはまる人は結構いたはずです。

そして、ここで反応した人がこの画面をクリックすると、詳しいページに飛んで、更に詳しく知ることができるシナリオになっています。

 

ネットの中でも、広告から本ページに飛ばすって当たり前の動線ですが、重要なのはこの画面を何人がクリックしてくれるかです。

 

販促はすべてターゲットの感情の動きを考えて、階段を作るのが大切です。

ただ、目立てばいいというだけでは、販売の促進にはなりませんからね。

 

あくまでも、最終的に「商品を購入してくれる」「メニューをオーダーしてくれる」「来店してくれる」「紹介してくれる」etc・・・。

 

最後の「行動」までの動線づくりを考えるコトが「販促のシナリオ」なんですね。

関連記事一覧