復活!被災地の美容室

■石巻市の美容室が力強く一歩を踏み出します!

 

おはようございます。関川忍ことセッキーです。

先日は石巻市の美容室の復旧支援のために社員さん達と行ってきました。

 

現状はやはり、TVなどで観るよりも辛い光景がありましたが、先日お会いした美容室も2階建ての1階部分が津波の浸水で、従業員さん達は救助隊が来るまで数日間飲まず食わずの状態を2階部分で過ごされていました。

 

水が引くのに1日5cm程度とだいぶ時間がかかったようですが、すでに泥や壁のしみなどを毎日少しずつ手分けしてお掃除をされたせいか、津波が来たとは思えないくらい復旧されていました。

 

顧客管理パソコン、ドライヤーやナノスチーム、椅子などすべて使い物にならず廃棄されたそうですが、徐々に営業できる状態にまでになってきています。

 

そこで、営業再開に必要な備品からパソコン、ハサミなどもろもろ準備段階で、ボク達がお手伝いさせていただくことになりました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
細かな商品説明をするテキサス古瀬

皆さん全員、親戚の方や御友人が亡くなられていますが、笑顔が絶えずホットしました。

ホント心が強いと言いますか、すべてを受け入れ前に進もうという気持ちに脱帽です。

そして、静岡県の美容室アンティカさんや千葉県の美容室ラグーナヘアーさん、「竹ピンブラシ」のサンエア株式会社さんなどから頂いた商品もしっかりとお届けさせていただきました。

 

<美容室アンティカさんのホームページ>

<美容室ラグーナヘアーさんのホームページ>

<「竹ピンブラシ」のサンエア株式会社さんのホームページ>

 

そして、営業再開に向けてみんなで力を合わせてエイエイオ~!

サロンマーケティング研究所ブログ

こちらのお店は株式会社ネオーラMB研究所とボク達アイザが責任を持って復旧のバックアップをさせていただきます。

 

また、ネオーラMB研究所とアイザは親子のような会社です。

研究所は仙台市にありますので、被災者でもあります。

ですが、それよりも被災した子供たちが沢山いる現状に何かできないか?

そう思った研究所代表の林社長(向かって右)が、数年間その子供たちのために義援金を送り続けるための新商品(売り上げの数%をそれに充当していきます)を開発してくれています。

 

両親を亡くした子供たちは福島県、宮城県、岩手県で計100名を超えます。

また被災した小中学校は1673校に上り、東北地方全体の70%に当たるそうです。

 

この子供たちに数年間にわたり、ボク達と研究所は支援し続けていきます!

被災した子供たちへ
応援クリックお願いします!
↓  ↓  ↓
サロンマーケティング研究所ブログ
ペタしてね

関連記事一覧