長所を伝えたい時のコツ

■メニューや商品、お店の価値をどうやって伝えるの?

 

こんにちは。関川忍ことセッキーです。

 

販促って伝えたいことを誰かに伝えて思った行動をとってもらうコトですね。

 

商品を買ってもらう

お店に来てもらう

人を連れてきてもらう

 

色々と誰かに何かをして欲しい時に販促活動が必要になってきます。

 

そこで、販促ノウハウというものを勉強しないといけないんですね。

何故かって、古き良き時代の宣伝広告は通用しなくなってしまったから。

 

今の時代に合った販促を知らないと全てが無駄になってしまいます。

 

では、自分の伝えたいことを伝えるには・・・?

一つポイントがあります。

 

例えば、お店の商品の価値を伝えたい時

あなたの頭の中にある知識や常識を一旦忘れるコトです。

そして、お客さんの頭の中を覗く。

 

自分ではなく、全て「反対側」からの視点で考えるコトです。

 

注意をはらうのは、あなたの発信された情報をお客さんが「どう受けとけるのか」に意識を集中させるコトです。

はじめは難しいかも知れませんが、慣れるまで何度もチャレンジしてみてください。

 

徐々に販促物の効果が出てくると思いますョ♪

関連記事一覧