販促物「名刺」特集⑥

■人と接触するモノ全てを販促物にするという考え方

<名刺編⑥>

こんにちは。関川忍ことセッキーです。

本日2回目の記事です。

今回6回目になる特集記事ですが、前回は行動を促し書籍を購入したターゲットが見込み客になり、さらに今回はターゲットとの穏やかな関係性を築くという最終章です。

 

では、さらに13p~へと一気に行きます。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

ここでは、書籍以外に「無料」で情報を得ることができる、無料オファーを付け加えています。

メルマガや、ブログは書籍よりもリアルタイムに情報発信出来ますし、セミナーへの誘導もし易くなります。

 

ちなみにボクは書籍(紹介で知った)→メルマガ→セミナー→入塾という階段を4年間かけて登ってきました。

サロンマーケティング研究所ブログ

そして、やっと普通の名刺にある情報に出会うわけです。

 

ターゲットは自分に「得」なコトを求めています。

藤村先生ではなく、「商売繁盛のノウハウ」が欲しいんですね。

 

ですので、まとめますと・・・

<誰に>

経営者やマーケティング担当者に

 

<何を伝えて>

・過去の常識では売上は上がりません

・売上をあげたければ「体験」を売るという視点です

(エクスペリエンスマーケティング)

 

<どう行動して欲しいのか>

書籍を購入して勉強してください。

無料情報を手に入れてください。

(メルマガ登録・ブログ読者)

サロンマーケティング研究所ブログ
最後の裏面にさらに無料メルマガ登録のプッシュ

 

この小冊子型名刺はコストはかなりかかります。

でも、シナリオがしっかりとしていて内容が良ければ、費用対効果はプラスになりますね。

 

こんな、名刺を持ち歩く人は殆どいませんが、名刺を小冊子にするのはアイディアですね。

今回の内容をヒントにご自分のお店の名刺などもバージョンアップしてみてはいかがでしょうか?

 

<関連記事>

販促物「名刺」特集①

販促物「名刺」特集②

販促物「名刺」特集③

販促物「名刺」特集④

販促物「名刺」特集⑤

関連記事一覧