販促物「名刺」特集③

■人と接触するモノ全てを販促物にするという考え方

<名刺編③>

こんにちは。関川忍ことセッキーです。

本日2回目の記事です。

 

今日の夜は、カッチャン、まちゃと会うので楽しみ♪

 

名刺特集3回目になりますが、前回は小冊子型の名刺を渡したターゲットが、ページをめくり始める段階のご紹介をしました。

 

では、さらに3pへと行きます。

サロンマーケティング研究所ブログ

見開きでモノやサービスが欲しい人はほとんどいない

という、タイトルで、その理由を解説しています。

サロンマーケティング研究所ブログ

そして、右ページの○○や□□に人の想像を掻き立てる仕掛けを施しています。

「モノ」ではなく「体験」を売るって何だ?

初めて聞いたぞ・・・。

○○したいって?

□□な体験?生活?

・・・・・知りた~い!!

 

この段階で、藤村先生の提唱する「エクスペリエンスマーケティング」の概念にターゲットが触れ、藤村マジックにはまっていくページになります。

 

<関連記事>

販促物「名刺」特集①

販促物「名刺」特集②

販促物「名刺」特集④

販促物「名刺」特集⑤

販促物「名刺」特集⑥

関連記事一覧