意味を添えると見え方が変わる

■意味を添えて価値を作り出す

 

こんばんは。関川忍ことセッキーです。

本日3回目の記事です。

 

今日は火曜日で関東近県の美容室は基本的にお休みのところが多いです。

そして、ボクはチョットお出かけ。

 

そしてこんなものを発見しました。

サロンマーケティング研究所ブログ
マックランチのポスターです
期間限定/平日11:00~14:00

 

今までもマックでお昼を済ました人はいると思うのですが、あえて「マックランチ」というカテゴリーで告知されると「マックでお昼でも・・・」と再認識させられます。

 

定番のマックモーニング、そしてマックランチそしたら・・・

マックディナーなんてのもそのうち出てくるのでしょうか?

 

朝、昼、夕のカテゴリーで分けている商品は他にももありますよね。

有名なとこで午後の紅茶。

サロンマーケティング研究所ブログ

午後ティーなんて呼ばれ方をする位ある地位を確立した商品ですね。

「午後を元気にする魔法」というキャッチも良いですね。

そしてこれ・・・

ワンダーモーニングショット

サロンマーケティング研究所ブログ

朝、自動販売機で缶コーヒーを買うならワンダーかな?

と思います。

 

このように、朝専用、昼(午後)専用、夜(夕)専用で商品カテゴリーを分けて価値を伝えるコトで購買率が高くなります。

 

あなたの商品、メニューを一度このようにカテゴリー分けして、販促してみてはいかなでしょうか?

結構面白いかも知れませんよ。

関連記事一覧