キャッチコピーの作成法⑤

■商品認知度とキャッチコピーのポイント④

 

こんばんは。関川忍ことセッキーです。

本日3回目の記事です。

 

通販で活躍したアメリカのコピーライター「ユージン・M・シュワルツ」のキャッチコピーについて5段階の方法を紹介しています。

 

【ターゲットは商品のことよく知っていて、欲しいと思っている

認知度が充分にある段階です。

 

ユージン・M・シュワルツはこの段階では、価格戦略を勧めています。

つまり、割引や無料プレゼン等です。

 

知名度も、ニーズもあるので、数を沢山売ってファン客を一気に増やす段階です。

無料メルマガ、無料小冊子プレゼント、無料体験会など良くありますが、知名度がある場合効果は絶大です。

 

商品認知度が無い場合もこれは無料オファーで、見込み客を集めるのに良いのですが、商品力が無ければ意味がありません。

 

ここでは、あくまでも商品力があり、知名度がある場合この「割引」や「無料体験」を進めています。

 

TVショッピングなんかでは

今回TVに専用ラックをお付けしてなんてありますが、正にそれです。

 

使い方を間違えると、単なるディスカウントショップになってしまいますので、知名度と商品力がる場合に限りです。

 

商品には寿命があります。

お店も、メニューも必ずあります。

 

さらに、ターゲット層のニーズも日々変化していますので、都度売りたいモノのアプローチを今回お伝えした5段階のアプローチ表現を参考にどの表現が適切なのかを参考にしてみてください。

 

知名度やニーズにマッチしないと、反応も悪くもったいないですからね。

 

最後に、知名度を上げるのに最も重要なのは「商品のネーミング」です。

分かり易く、イメージしやすいネーミングは認知度を短時間で上げる大きなポイントになってきます。

 

ネーミングを考えるなら

サロンマーケティング研究所ブログ
売れる!伝わる!ネーミング
「五感に訴える名前」の作り方 (PHP ビジネス新書)
著者: 藤村 正宏

 

は凄く参考になる思います。

関連記事一覧