キャッチコピーの作成法④

■商品認知度とキャッチコピーのポイント④

こんにちは。関川忍ことセッキーです。

本日2回目の記事です。

 

通販で活躍したアメリカのコピーライター「ユージン・M・シュワルツ」のキャッチコピーについて5段階の方法を紹介しています。

 

【ターゲットは商品のことをなんとなく知ってはいるが、欲しいとは思っていない

この段階は認知度はそこそこある段階です。

 

ターゲットが商品認知をある程度知っている段階で、ニーズがいまいちの場合は、一気に「得られる体験」「安心感」をイメージしてもらうように働きかけます。

 

例えば

「アイディアを出すならマインドマップ!」

「マインドマップは学校教育でも採用されています」

サロンマーケティング研究所ブログ
小学生のマインドマップ作製風景

 

という感じです。

美容師さんでもマインドマップの本は持っているが、使い方が良く分からない人がいたり、聞いたことはあるが何なのか良く分からない方が結構います。

 

ここでのポイントは、商品の特徴を客観的事実で表現するコトです。

 

いつ、どこで、どんな時にその商品の効果による「得」があるのかを鮮明にイメージしてもらうようにします。

関連記事一覧