ミラーニューロンの法則

■ミラーニューロン的チラシ

 

おはようございます。関川忍ことセッキーです。

本日1回目の記事です。

 

藤村先生が「美容室のチラシに外人女性の写真は残念です」と言っていますが、それにはミラーニューロンの神経細胞の働きが背景にはあります。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

例えばブームというものが社会にはあります。

このブームは人の「模倣行動」そのものです。

 

人の行列があると並んでしまうのもそうですが、その行列が女性だけだったとしたら、男性は並びませんよね。

学生が列をなしていたら、ビジネスマンは並びませんよね。

 

つまり、その行列は「自分と同じ属性の人ではない」と判断するからですね。

懐かしの「お呼びでない」(かなりおやじネタ?)

 

では、OLさんだけの行列だったら・・・

OLさんは並びますよね。(なかには並ぶのが非常にいや問う方もいますが)

サロンマーケティング研究所ブログ

この「模倣行動」をチラシを作る上で考えると、ターゲットに近い属性の写真を載せるコトは、当然反応率があがるというコトは明白ですね。

 

子供だったら子供の写真。

写真屋さんで七五三なんかのチラシは正に「模倣行動」を促しています。

 

産婦人科の広告だったら妊婦さん。

リクルートスーツのチラシだったら若手の女優さんや俳優さん。

 

このように「模倣行動」を意識した写真を使うのが良いんですね。

 

つまり、OLさんを呼びたければ、チラシにOLさんの写真を使うのが鉄則です。

このことは、社会行動学者であるロバート・B・チャルディーニ氏の調査などでも既に解明されています。

関連記事一覧