キャッチコピーの作成法③

■商品認知度とキャッチコピーのポイント③

 

通販で活躍したアメリカのコピーライター「ユージン・M・シュワルツ」のキャッチコピーについて5段階の方法を紹介しています。

 

【ターゲットは商品の機能を必要としているが、

            あなたの商品がそうであることに気づいていない】

商品の知名度がそこそこの段階の場合です。

 

例えば、コラーゲンのサプリメントがあるとします。

コラーゲンは女性なら誰もが知っている「肌」に良いサプリメントです。

 

つまり、あなたがコラーゲンのサプリメントを販売しようとしている女性のほとんどは、その効果は期待しています。

 

しかし、沢山あるコラーゲンサプリメントのどれが良いのかは分かりませんし、当然あなたが販売しようとしているコラーゲンが凄く得なものであってもまだ知らない状態です。

 

例えば

「肌に良いサプリメントはやっぱり、コラーゲンですね」

 

この場合、数あるコラーゲンサプリメントの中で何が優れていて、ターゲットに「得」を与えるのか?

その部分にフォーカスして、肌に対するあなたが販売しているコラーゲンサプリメントの特徴を鮮明に伝えて、欲求を高めます。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

 

ポイントは、なんとなく肌には良いんだろうなぁ~と思っているターゲットに、摂らないといけないコトをはっきりさせてあげるコトです。

関連記事一覧