ファーストインプレッション

■印象効果は意外とあった

 

こんにちは。関川忍ことセッキーです!

「印象美人」というタイトルの記事が女性ファッション誌に記載してありました。

 

この印象美人とは意外と心理を捉えています。

 

美容室でもこれを徹底しているところは、へたな服装で出社すうると返されるところもあります。

なぜかって・・・

 

美容師はファッション業界の一旦をになっています。

ファッションとヘアスタイルは決して別ではありませんね。

 

そのヘアスタイルを作る美容師さんが汚らしい格好や、ダサイ格好していたらどう思います?

初めてのお店で、自分のヘアスタイルを任せられますか?

 

ちょと・・・ではなく、かなり不安ですよね。

 

センス疑いますし、ディテールまで拘ったヘアスタイルなんて到底できないと思いますよね。

 

人はどうしても見た目で判断してしまうものです。

技術に自信があるのでしたら、格好もお洒落にしないといけませんよね。

 

なので、美容師であれば、ファッションや自分のヘアスタイル、女性であればメイクにも最新の気遣いをすべきでしょう。

 

こんなデータがあります。

人は初めて会った人から得る印象です。

外見55%

態度・話し方38%

話の内容7%

 

あなたの外見は?

あなたのお客様に対するしぐさや話し方は?

これで、93%の印象が決定されます。

 

つまり、カウンセリングにおいても、なかなかお客様は心を開いてくれないというコトです。

見た目で損はしたくないですよね。

 

販促ツールもそうで、見た目の工夫は相手に与える心理的影響は測り知れません。

名刺、封筒、チラシ、DMそれぞれどんな印象をお客様に与えているかを考えると良いですね。

サロンマーケティング研究所ブログ

相手に与える印象の徹底ぶりはキャビンアテンダント等は正にそうですよね。

美容師さんは「印象美人」意識しないとですね!

関連記事一覧