手書きのチラシ

■手書きのチラシの作り方

 

こんばんは。関川忍ことセッキーです。

 

あの業界でも遂に手書きチラシが登場しました!

サロンマーケティング研究所ブログ
表面です
サロンマーケティング研究所ブログ
裏面です

 

新聞折り込みに入ってきたチラシです。

実はパチンコ店のチラシだったんですね。

 

手書きチラシはやっぱり目立ちますので、当然手に取ってしまいました。

しかし・・・

 

内容が読みにくくて興味をそそられません。

(パチンコ好きの人なら反応するのかな~?)

 

ボクは仕事柄じっくり見ましたが「価値」が伝わってきません。

 

そこで、手書きチラシのポイントです。

◆手書きチラシは文字を読みやすくしないと読まれません。

◆「絵」「文章」「文字」等のメリハリをつけないと「絵」になってしまい最後まで読んでもらえません。

◆どこに何を記載するかシナリオを考えて、読み手の思考を誘導する。

◆縦書き、横書きのライティングのパターンを統一する。

◆タイトルは何のお店なのか分かり易く。(やや大きめでもOK)

これらのコトを踏まえて手書きの地位らしを作れば美容室ガナーズさんの伝説のチラシのような反応がとれると思います。

 

<伝説のチラシは藤村先生のブログに紹介されています>  

関連記事一覧