支援物資を届けに

■支援物資を届けてきました

 

こんばんは。関川忍ことセッキーです。

今日は社員さんと共に支援物資を届けに霞ヶ浦文化体育館に行ってきました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
霞ヶ浦のほとりに面する市民体育館です

 

事前に社員さんの古瀬ことテキサスが何が不足して困っているのかを調査してくれました。

シャンプー、石けん、生理用品、男性用の服、玩具などでした。

 

ボク達はボク達が持っていくにふさわしい、シャンプー、トリートメント、業務用のタオル200人分位を用意して持って行きました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
受付の方たちも疲れ果てた様子でした

駐車場には「いわき」ナンバーがけっこう停まっていました。

避難してきた方々は福島県の原発付近の方々で、小さな子供もいたり、お年寄りがいたりいととっても悲しくなりました。

 

皆さん体育館にいらっしゃるのですが、昼間は暖房器具が使えないために、お年寄りは寒いようです。

電力の関係もあり照明は消されうす暗く、とっても重苦しい感じがしました。

 

何とかプライベートを確保するために、各家庭は1mくらいの段ボールで仕切られ、その中に布団を敷いて過ごされていらっしゃいました。

 

うちの社員さん達は優しい方ばかりで、こんな時「がんばって」という言葉をかえるより、話を聞いてあげることで心がかるくなりますと、避難された方のお話を聞いていましたが、皆さん涙を流していらっしゃいました。

 

既にこの避難所も2週間位になりますが、このよな状態が長く続くと精神的にも不衛生です。

サロンマーケティング研究所ブログ
避難所にあった千羽鶴のメッセージが胸を熱くさせます
「復興できるのはあなたがたしかいません。
苦を共にしましょう。応援します。分けあいましょう!!」

 

早く皆さんが地元に帰る日が来ることを祈るばかりです。

関連記事一覧