反応の良いチラシの作り方②

■手紙から気づくチラシの作り方②

こんばんは。関川忍ことセッキーです。

本日3回目の記事です。

手紙を開封する時あなたはどんな気持ちで開封しますか?

「どんな内容が書かれているんだろう?」

「自分にとって良いないのなのか?悪い内容なのか?」

そんなコトを思いながら開封していないでしょうか?

 

つまり、どんなに良い商品や、サービスをチラシに載せいていても、読まれなければ単なるごみ屑です。

 

そこで、誰もがチラシの内容を読みたくなる「キャチ」「オファー」をそこにキチンと明記しておく必要があります。

それも、直観的に「自分にとって良い情報が書かれている」と感じてもらうキャッチとオファーが必要になってきます。

 

キャチフレーズは

売れるキャッチコピー を参考にしてください。

 

また、ボクが好きなキャッチコピーを数件ご紹介しておきます。

サロンマーケティング研究所ブログ
「きっといつか、が今なんだ」
YAMAHA大人の音楽教室
サロンマーケティング研究所ブログ
「真夏です」と言っているのは温度計だけでした。
そうだ京都、行こう。
JR東海
<クリックすると大きくなります>

 

ココまでがチラシの入口になります。

このキャッチで読み手にある程度具体的なイメージをしてもらえれば、次の内容も読んでもらえる確率が高くなります。

 

それには、文字だけの場合や、具体的な数字、時にはビジュアルを加えて凝縮した情報を伝えていきます。

関連記事一覧