新しいモノを取り入れるには

■組織に新しい文化を入れるには

 

こんにちは。関川忍ことセッキーです。

 

お店や会社の経営者ってやりたいことをスグに行動に移せる方が殆どですね。

でも・・・一人で思いついたコトを突然やると

「社長がまた何か始めたみたい」

なんて、社員さんは思っているかもしれません。

 

当然、社内にそれが根付くには時間がかかるか、殆どが自然消滅しているコトでしょう。

 

このような時最も大切なのが

社員さん達に大筋を理解してもらう。

 

そして、それを実行するにあたっての詳細は社員さんと一緒に考えるコトです。

美容室でも新しいコンセプトのお店づくりに取り組む時

様々な弊害が出てくると思います。

 

そこで、経営者の方は

何度でも社員さんに、どうしたいのか?

それは何故そうしようと社長自身が考えたのか?

それをするコトで、お店や社員さん達にどんなメリットがあるのか?

そのようなコトをしっかりと伝えるコトです。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

ボクの場合、毎回そういう時はパワーポイントでプレゼン資料を作り

ミーティングでプレゼンを何度でもします。

 

社員さんも自分が理解して、それにかかわることで自ら行動を起こしてくれるものです。

そこに必要なのが「情熱」ですね。

 

情熱を持って、一歩ずつ前に進むコトで半年後、1年にはそれは文化となり、社風になっていくものでしょう。

関連記事一覧