想定外

■M8.8

おはようございます。関川忍ことセッキーです。

 

昨日に続き地震の影響が増えています。

観測史上最大級というので、実際にマグニチュード8以上の地震をまとめてみました。

1911年6月15日

喜界島地震 – M 8、0 死者12人。

 

1918年9月8日

千島列島ウルップ島沖で地震 – M 8、0 死者24人。

 

1933年3月3日

昭和三陸地震- M 8.1 大津波発生、死者・行方不明者3,064人。

 

1946年12月21日

南海地震- 和歌山県沖~四国沖、M 8.0、死者・行方不明者1,443人。

房総から九州にかけて津波。

 

1952年3月4日

十勝沖地震- M 8.2、死者・行方不明者33人。

北海道から東北に津波。

 

1958年11月7日

択捉島付近で地震、 M 8.1、太平洋岸各地に津波。

 

1963年10月13日

択捉島沖で地震 – M 8.1、三陸沿岸で津波。

 

1994年10月4日

北海道東方沖地震- M 8.1、北海道道東で最大震度 6、死者・行方不明者は北方領土で11人。

2003年9月26日

十勝沖地震- 本震は M 8.0、北海道で最大震度 6弱、死者2人。

同日発生の最大余震もM 7.1、最大震度 6弱。2mを超える津波が来襲し2人が飲み込まれ、後に1人が遺体で発見された。

 

20113月11日 <観測史上最大>

三陸沖で地震 – M 8.8

橋が崩落するなどの被害がでた。また、同日の15時24分、茨城県沖にて- M 7.4。茨城県鉾田市では、震度6弱栃木県真岡市、千葉県銚子市などでは、震度5強を観測する地震が発生。これにより千葉県市原市では、コスモ石油千葉製油所でガス漏れ火災が発生するなど、大きな被害をもたらした。

関連記事一覧