顧客のニーズってなに?①

■顧客ニーズの裏を見る①

 

こんにちは。関川忍ことセッキーです。

本日2回目の記事です。

 

今日はまたまた積もる位の雪が降ってびっくりでした!

午前中クライアントさんのお店で「朝勉」してたので、午後クルマに乗ろうとともったら雪がたんまり積もっていて大変でした。

 

今回から1週間は「顧客ニーズ」について書いていこうと思います。

 

美容室でも、一般の企画会社でも、営業でも「顧客ニーズ」って大切ですよね。

顧客が何を求めているのか?

なんで、この商品が売れるのか?

 

そこで、今回は「顧客ニーズ」について考えてみたいと思います。

美容室では、顧客ニーズをしる第一段階は当然「カウンセリング」ですね。

 

では、カウンセリングシーンをお思いだしてみましょう。

 

美容師:「今日はどうしますか?」

お客様:「今日はパーマで」

美容師:「どんな、パーマをご希望ですか?」

 

ここで、カウンセリングの大きなミスが隠されています。

つまり、顧客ニーズを把握しきれていないカウンセリングになってしまっています。

 

どうですか?

このようなカウンセリングって良くありがちだと思いませんか?

 

これが、藤村先生もそのままのタイトルでいわれています

サロンマーケティング研究所ブログ

この本のタイトルのとおり、お客様のニーズを間に受けて

「これがお客様の望むことなんだ」

と思っていてはいけないんですね。

 

まずこの視点に立つコトがカウンセリングの入口です。

おススメの1冊ですので、お客様が言葉では表現できないけれど、美容師さんに求めるカウンセリングってこうなんだちうコトが感じられますので、是非参考にしてみてください。

関連記事一覧