ターゲットにする顧客とは

■あなたの最も得意とする顧客

こんばんは、関川忍ことセッキーです!

タイムマシーン機能を使い本日3回目の記事とします。

 

ターゲットは「20代~30代の女性でOL」なんてターゲッティングしているお店はごまんとあります。

このターゲティングに合わせてお店のコンセプトをしっかりしていればいいのですが、なかなか絞り込めないのが現状ではないでしょうか?

サロンマーケティング研究所ブログ

 

これじゃ、チラシを撒こうが、ホームページを作ろうが、お店を改装しようが効果が半減してしまいます。

 

では、どうしたらいいのでしょう?

それは全て「顧客」の中に答えがあります。

 

あなたの顧客が抱える「問題」を先ずは仮説をた立てみてください。

美容室を利用している顧客は必ず「問題」を解決するためにご来店しています。

 

前髪が伸びたから「邪魔」という問題

毛先が傷んで「絡む」という問題

白髪が出てきて「老けて見える」という問題

イメージを変えて「新しい自分を見つけ出したい」という問題

etc・・・

 

サロンマーケティング研究所ブログ

様々な問題を抱えています。

そこで、あなたが最も得意とする顧客の問題とは何なのでしょう?

どういった問題解決が得意なのか考えてみてください。

 

さらに、その問題を解決するコトができるのは、あなたが他店よりも優れているのでしょうか?

 

このような視点で、顧客を分類してみると、ターゲットが浮き彫りになってきます。

是非、顧客を分析し、仮説から理想のターゲット、さらにあなたのターゲットになる魅力を発見してみてください。

関連記事一覧