POPの作り方と配置の関係

■POPの効果で思わず購入する

こんばんは。関川忍ことセッキーです。

本日3回目の記事です。

久々のPOPのお話ですが、今回はその使い方についてご紹介します。

サロンマーケティング研究所ブログ
ヴィレッジバンガード(つくば)

 

ここは、POPがいたるところにあって、とっても面白い雑貨店です。

しばらく家人と共に物色をしていると・・・

 

サロンマーケティング研究所ブログ
ドキッ!へ~そうなんだ

 

というPOPが目に入りその横には・・・

サロンマーケティング研究所ブログ
IN YA MELLOW TONE5
(イン・ヤ・メロウ・トーン5)

このアルバムは・・・

日本人の心に響くHIP HOPをコンセプトに、JAZZY HIP HOP~オーガニック、90’sリヴァイヴァル、激メロウなピアノHIP HOPまで、 数多くの良質な音源を世に送り出しているGOON TRAX初のコンピレーション! らしい。

 

何故か、このPOPを書いた見知らぬ彼が

どこでこのアルバムを目当ての彼女と一緒に聞いたのか?

ボクはこの曲をどんな所で、誰と聴くのか・・・?

 

等を、このPOPと説明書きで想像していました。

「上手いな~流石ヴィレッジバンガード」と感心していました。

 

ただ、この段階では何事も起こらなかったのですが

またしばらく店内を歩いていると

 

サロンマーケティング研究所ブログ
サロンマーケティング研究所ブログ

 

ヴィレッジ的人気CDランキングコーナーが目の前に!

そして、またそのコーナーを見ていると・・・

サロンマーケティング研究所ブログ

イン・ヤ・メロウ・トーン5が2位にあるではないですか!

そんなに、良いんだ・・・と思い遂にボクの感情は「欲しい」モードのスイッチがONになってました。

 

結局この通り

サロンマーケティング研究所ブログ
とってもクールで心地いい曲ばかりです!

 

しっかりと、自宅でこのDCを聴きながらブログを書くことになっていました。

誰からも説明を受けずに、さらに視聴もせずにボクという消費者は、商品を購入したのです。

 

このPOPの使い方と、1つのアプローチではなく、2つのアプローチを店内に配置することで、たぶんボクのような消費者が多いコトが、ヴィレッジ的人気CDランキングコーナーでTOP2にあるコトが物語っています。

 

POPの「作り方」と「配置」のシナリオで商品の売れ行きは変わります!

関連記事一覧