正しいキャンペーン、間違ったキャンペーン①

■正しいプライスダウンキャンペーンのかけ方①

 

おはようございます。関川忍ことセッキーです!

今週は金曜日までの5日間に渡り、キャンペーンの仕方についてお伝えしようと思います。

毎朝の記事でUPしていこうと思いますのでよろしく願いします!

 

安売りは基本的に、世の中を良くするとは思いませんが、正しいやり方はあります。

 

これから5回に分けて「プライスダウンキャンペーン」の正しいやり方について書いていきますので

チラシを撒こうかと考えている方や

チラシをまいても上手くいかない方は参考にしてくださいね。

 

まずは、一般的なキャンペーンチラシです。

(新聞折り込みやポスティングで結構来ます)

サロンマーケティング研究所ブログ
チラシ下部に8つのチケットが記載されています

 

下の8つのチケットは

パーマ+カット+トリートメント通常価格●●円を●●円でという「バリューセット」です。

 

スタンダードなキャンペーンチラシだと思いますが、非常にもったないチラシです。

 

メニューも豊富なので、技術の勉強や、沢山の商品を取りそろえて、お客様をお待ちしているお店だと思いますが、色々なモノを安くしすぎです。

 

これでは、一時は集客に成功するかもしれませんが、スタッフさんの体力や集中力に負担がかかり、いつもの実力や、店内の雰囲気を維持するのは困難かと感じます。

 

本来のキャンペーンの目的は、ファン客予備軍の獲得であって、その場の売り上げではありません

 

この時点で考えなければいけないのが

ファン客化へのシナリオですね。

 

カンタンいうと、階段を一つ一つ新規客に登ってもらい、ファン客までどうやって関係性を構築していくか?ということです。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

しかし、上記のチラシで、やっと階段を一段登った新規客のほとんどは、ファン客への扉に向かわずに、くるりと向きを変えて、他のお店を探し始めてしまいます。

 

このような一般的に当たり前のキャンペーンの間違いを正すにはどうしたらいいのでしょう・・・?

 

キャンペーンの目的とは・・・

ファン客予備軍の獲得であって、その場の売り上げではありません

関連記事一覧