キャリアウーマン時代の終わり

■女性の能力主義が通じない時代へ

 

こんばんは。関川忍ことセッキーです。

今日は、これからガナーズのかっちゃんがコンサルしているエステサロンのオーナーさんとお会いします。

ボクはスキンケア等の分野でお手伝いさせて頂くので、その打ち合わせです。

その後、カッチャンと合流してミーティングなので、12:00近くなるので早めに記事を書きましたが、近年ボクが感じているコトを書きます。

 

以前かっこいい女性像は、男性と肩を並べて第一線で働くいわゆるキャリアウーマンでした。

 

資格を沢山持っていたり、人前で堂々と話しできたり・・・

上昇志向が強く、出世欲タイプがその時は活躍していました。

サロンマーケティング研究所ブログ

でも、ここにきてそんなキャリアウーマン的な存在は組織にとって危険な存在になってきています。

女性ならではの逃げ道や、セクハラ等といった手段をちらつかせている人達です。

サロンマーケティング研究所ブログ

ボクはこれからの時代、組織の女性人口を増やし、女性の感覚を取り入れていった方がいいと思っているのですが・・・

 

そのような昔のキャリアウーマン的女性は非常に厄介です。

 

では、これから社会で活躍する女性ってどんな人なんだろうと言うと、資格や知識よりも「知恵」「発想」が豊かな人が活躍します。

 

また、現在活躍している女性に共通しえいるコトが、自己責任が強いというところです。

何かのミスがあった場合や、万が一他の人のミスであったとしても、自分の責任としてその後の対処が出来る女性ということです。

 

そして、女性を武器にしない人ですね。

不思議に、そのような女性こそ、本来の女性の魅力が輝くもので、組織の中心に周りから押し上げられていきます。

サロンマーケティング研究所ブログ
キャリアウーマンから価値観の高い女性へ

 

そのような女性は能力よりも価値観が高く、いざという時には組織を救う救世主にもなりうる存在です。

また、生き方そのものが、ひた向きながら目を惹く魅力を感じます。

ボクは美容業という女性人口の多い業界にいますが、輝いている女性は正に時代をリードしています。

 

男性諸君!時代は女性に支配されています。

そして、付き合う女性は「知恵」「発想」が豊かな人で、責任感を持ったステキな女性にしましょうね!

関連記事一覧