江戸城無血開城は、彼がいなければなしえなかった!

おはようございます。関川忍ことセッキーです。

本日1回目の記事です。

 

名言や、その解釈を紹介するコラムです。

コンテンツにはあったのですが、今回初となります。

何かの参考にしてください。

 

—————————————————————–

「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」

—————————————————————–

【解釈】

西郷隆盛の言葉ですが、西郷をそう賞賛させたのが・・・

サロンマーケティング研究所ブログ
山岡鉄舟(やまおかてっしゅう)

明治維新のクライマックスは勿論

「江戸城無血開城」です。

 

この無血開城に向けて鉄舟は

3月7日に江戸を戦火から救うべく、徳川慶喜の命を受けて薩摩藩士益満休之助を伴い、鉄舟は決死の覚悟で3月9日官軍(敵軍)の駐留する、駿府(現在の静岡市)に乗り込み、単身で西郷と談判に挑みます。

このとき、官軍が警備する中を「朝敵徳川慶喜家来、山岡鉄太郎まかり通る」と、大音声で堂々と歩いていったといいます。

西郷に会った鉄舟は、海舟の手紙を渡し、徳川慶喜の意向を延べ、朝廷に取り計らうよう頼ます。

 

この際、西郷から5つの条件を提示されます。

 

一、江戸城を明け渡す。

一、城中の兵を向島に移す。

一、兵器をすべて差し出す。

一、軍艦をすべて引き渡す。

一、将軍慶喜は備前藩にあずける。

 

このうち最後の条件を鉄舟は拒んだ。

その時に、西郷は「これは朝命である」と強要するのですが、鉄舟は一歩も引きませんでした。

この時に「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ」と西郷の意見をつっぱねたというのです。

 

この鉄舟の命をかけた対応により「江戸無血開城」がすみやかにおこなわれました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
西郷隆盛と勝海舟のトップ会談

 

その後鉄舟は、明治天皇の教育係として十年間仕えたという功績は、世界的に非常に高く評価されています。

命をかけて「役割」を全うするってステキですね!

関連記事一覧