あなたのシャンプー大丈夫?④

■安心、安全なシャンプーの見分け方④

おはようございます。関川忍ことセッキーです!



【弱酸性ってだけでホントにいいの?】

 

油汚れをとる「洗浄成分」。

これの始まりは「石けん」です。

石けんで体を洗うと「サッパリ」する感じがするのは、体の油(脂)が取れたコトによる感触です。

しかし・・・

石けんは酸性、アルカリ性でいうとアルカリ性です。

髪や肌は弱酸性ってことはあなたも知っているコトだと思います。

アルカリ性の方が油をとる力もあって、いいのですが・・・

髪や肌に対しては、チョットきついんです。

「じゃあ、髪や肌に優しい洗浄成分のシャンプーは“弱酸性”のモノがいいんだ!」

と思うかもしれませんが・・・

今は、殆どのシャンプーと言われるものは弱酸性タイプです。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

でも、髪の痛みや、刺激、痒みが出るモノはいまだに沢山あります。

(実は、ボクの子供達は、弱酸性でも痒くなるんです。)

では、それ以外に考えなくてはいけないところは・・・?

というコトになりますが、実は、今までお話ししてきた「界面活性剤(洗浄成分)」の種類に大きなポイントがあるんです。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

 

この、表示の中にチェックするポイントがあるんです。

パッケージに書いてある「弱酸性」「天然成分使用」「保湿成分配合」というキャッチコピーはそれ以外の特徴であって、「髪や肌に優しいシャンプー」を見つけ出す情報としてはチョット物足りないんです。

 

次回、注目すべき洗浄成分の見方をご紹介します。

 

いよいよ明日

あなたはシャンプーソムリエになれる!

つづく

関連記事一覧