あなたのシャンプー大丈夫?③

■安心、安全なシャンプーの見分け方③

おはようございます。関川忍ことセッキーです!



【シャンプーが必要な理由を知ろう】

 

大部分が水のシャンプー(80%~70%)そして・・・

サロンマーケティング研究所ブログ

上から①~⑤までは使っている量の多い順に書かれています。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

それを踏まえると、 ②~⑤がシャンプーの主成分になってきます。

 

このルール(薬事法)をもとに、髪や肌に優しいシャンプーの見分け方をしていくのですが、

その前に、シャンプーの働き(目的)を知る必要があります。

 

これもカンタンです。

 

シャンプーは髪や肌についた「油汚れ」を取る目的で作られています。



サロンマーケティング研究所ブログ
オトワさんが出ている
食器洗い洗剤も同じです

 

ここで、シャンプーの仲間を知っておきたいと思います。

サロンマーケティング研究所ブログ

車用シャンプー、台所用洗剤、洗濯洗剤、ボディーソープ、石けん、ハンドソープetc・・・。

それぞれ用途は違いますが、目的はただ一つ!

「脂汚れを取る」ためにあります。

 

実は・・・

ヘアシャンプーとの違いもさほどありません。

 

正しく言うと、シャンプーの②~④の部分が同じような車用シャンプー、台所用洗剤、洗濯洗剤、ボディーソープ、石けん、ハンドソープetc・・・が多いんです。

 

極端で驚かれたと思いますが、大丈夫です!

 

シャンプーはあくまでも「洗浄剤」です。

油汚れをとる機能があり、目的があります。

 

それに必要なのが「界面活性剤(洗浄成分)」なんです。

「界面活性剤(洗浄成分)」には、油をとる力が「強い」「弱い」の成分がいくつかあります。

 

それは殆ど①~⑤の中のくらいにあります。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

ここでいうと「ラウレス硫酸Na」が「界面活性剤(洗浄成分)」になり、、水の次に沢山入っています。

少し、名前が難しそうですが、片手で数えるくらい知っているだけで、OKですので、安心してください。

これらの性質を覚えておくだけで、髪や肌に優しいシャンプーを見つけ出すのが非常にカンタンになってきますから。

 

つづく

 

<関連記事>

安心、安全なシャンプーの見分け方①

安心、安全なシャンプーの見分け方②

安心、安全なシャンプーの見分け方④

安心、安全なシャンプーの見分け方⑤

関連記事一覧