あなたのシャンプー大丈夫?①

■安心、安全なシャンプーの見分け方①

おはようございます。関川忍ことセッキーです!

今日は月曜日週の始めです。

今週1週間は5回にわたり午前中の記事として、新たな特集をしていきます。

 

なかなか真相がわからない、シャンプーの選び方についてです。

素人のあなたでもわかる位、に内容を編集していますので、気になる方は是非お読みください!

 

あなたのお風呂に

使いかけのシャンプーやトリートメントはいくつありますか?


サロンマーケティング研究所ブログ
美容室のシャンプーブースで

 

または・・・

美容室でへアカラーやトリートメントをしても

すぐに色が抜けたり手触りが悪くなったりしていませんか?

 

それとも・・・

頭皮が乾燥してフケが良く出るようになったり

髪が細く、抜けやすくなったりしていませんか?

 

それは、あなたの髪の傷み度合いにもよりますが

毎日のヘアケアが問題なんです!

 

これから数回に分けて「素人でもわかる」

安心して使えるシャンプーの見分け方について書いていきます。

 

先ずはじめに、見なければいけないのがココ

サロンマーケティング研究所ブログ-表示成分1
シャンプーや化粧品の裏側や、箱に書いてあります

 

何やら色々書いてありますが、ここはシャンプーのカルテのようなもの。

人で言うと「個人情報」みたいなものです。

 

ココを読めば肌に優しいのか、髪に良いのかが瞬時に分かります。

 

「え~っ!難しそう」なんて、思わないでくださいね。

ボクが素人の方でもわかる位カンタンにお伝えしますので。

 

では、この表示についてです。

シャンプーの裏面がこのように、にぎやかになったのは2001年4月からなんです。

 

理由は「規制緩和」アメリカの商品などが輸入しやすいように日本がアメリカに合わせました。

そして、この表記は、消費者が自分に合わない成分が入っているかどうかを判断しやすくしています。

 

食品でも「そばアレルギー」「小麦アレルギー」「えびアレルギー」etc・・・

アレルギー食材を使用しているものを飲食しないと同じ事です。

 

そのための表示です。

 

この裏面の表記のルールを理解してしまえば、ある程度どんな商品なのかわかるようになるんですね。

海外では常識にもなっているようですので、日本もこれからは、表示成分を見て自分に合った商品を買うようになるのでしょう・・・。

 

<関連記事>

安心、安全なシャンプーの見分け方②

安心、安全なシャンプーの見分け方③

安心、安全なシャンプーの見分け方④

安心、安全なシャンプーの見分け方⑤

関連記事一覧