育毛にもずくパイ!?②

■男性型脱毛症の終焉か?②

 

こんにちは。関川忍ことセッキーです!

本日2回目の記事は先日の続きです。

「プロペシア」ってご存知でしょうか?

2005年に経口育毛剤(飲み薬)として開発された、薬です。

サロンマーケティング研究所ブログ
プロペシア

 

これは、結構効果がありますが、「精力減衰」という副作用の可能性が指摘されてます。

知人でも、服用されている方がいましいたが、確かにその自覚症状はあるようです。

 

その他の副作用などもあるとか、ないとかいわれていますが、新薬なのでまだ良くはわかりません。

ここで、脱毛症状を引き起こすメカニズムをご紹介します。

サロンマーケティング研究所ブログ

脱毛は男性ホルモンが細胞に何らかの作用が働き起しています。

では、順を追ってなるべくわかり易く解説に努めます(汗)

 

①血流ににって「男性ホルモン」が細胞へ届けられます。

②細胞内に到達した「男性ホルモン」「活性化酵素」と出会い元気をもらいます!

※私たちの体にはいくつもの酵素があり、様々な働きを手助けしています。

 

ここで、「男性ホルモン」は変身をするわけです。

サロンマーケティング研究所ブログ

サロンマーケティング研究所ブログ
スーパーサイヤ人への変身!

 

強くなった「男性ホルモン」「5α‐ジヒドロステロン」っていいます。

 

「5α‐ジヒドロステロン」「男性ホルモン受動体」と合体すると・・・

細胞核内の「DNA」に働きかけ、髪が抜けやすい状態を作ります。

 

この一連の流れが、脱毛の仕組みとされています。

 

プロペシアは、この仕組みの中の「男性ホルモン」に元気をあげる「活性化酵素」の働きを抑えて、抜け毛の原因を下から断つ!んですね。

 

では、もずくは!

 

サロンマーケティング研究所ブログ
これは、食べるモノだけど・・・
プロペシアって薬じゃなくて
沖縄名産の“もずく”だよ!

 

つづく

<関連記事>

男性型脱毛症の終焉か?①

男性型脱毛症の終焉か?③

応援よろしくお願いします!

      ダウン

人気ブログランキングへ

関連記事一覧