買いたい脳を刺激しよう!

■意識するのは「目」ではなく「脳」でしょう!

おはようございます。関川忍ことセッキーです!

本日1回目の記事は「脳」の働きを意識した販促の視点です。

 

マーケティング、特にエクスマの鉄則として「体験」を売る!

というものがありますね。

 

その体験は具体的には、その商品やサービスを購入した後に得られるメリットやライフスタイルをイメージさせることです。

 

上手な記憶に残るテレビCMなんかは正にそうですね。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
iPad is Iconic
 
サロンマーケティング研究所ブログ
友近さんを起用した、意外性が印象的
サロンマーケティング研究所ブログ
高額シャンプーでありながら大ブレイク!

 

このようなCMや広告には私たちの「脳」に強烈な刺激を与えています。

消費者がそれを「得たい」と反応する刺激です。

 

その秘密は「脳」の働きにあります。

人間は「目」でモノを見ていますが、実際のところは「脳」で見ています。

 

「目」は対象物の情報を得るための器官で、その情報は「脳」で処理されて、過去の情報と照らし合わせて、それが何であるかを判断しています。

また、その情報を保存しています。

 

まさに、「脳」はパソコンと同じ動きをしているともいえます。

 

つまり、これらのテレビCMは商品を売っているのではなく「商品を購入した後に得られる体験」を視覚を通して、消費者の「脳」に訴えているんですね。

 

消費者の「脳」に蓄積された情報・・・

それは、過去の記憶や価値観です。

 

これらを刺激することが、商品やサービスを売るための重要な視点になるのですね。

 

関連記事一覧