先生観てますか!?

■時代に合った教育を!

 

こんにちは。関川忍ことセッキーです。

 

久々に、社会にメッセージ性を感じるTVドラマが始まりました。

サロンマーケティング研究所ブログ
フジテレビ系の日曜9時放映
江口洋介主演「スクール」

 

江口洋介氏演じる校長が、現代の学校教育や家庭環境に対して、子供の教育を中心に本気で向き合う姿からは、強いメッセージを感じます。

 

教師や親はこのドラマのメッセーを受けてどう感じているのだろうか?

 

最先端の「変革と学習の理論」を打ち出したC・オットー・シャーマー氏の「U理論」では、本来は、相手と一体になり一緒に問題解決をしたいと誰もが思っているのに、過去の経験や知識だけで、全てを考えてしまっているのが現代社会の「不」を生み出していると言っています。

 

正に、このドラマでも、ルールやエゴと言った浅はかな部分でモノを判断する、教師や親が出てきます。

モンスターペアレント的親もリアルに増えている今、自分がそうであるか、否かも自分に置き換えながら観るとなおいいと思います。

 

※モンスターペアレント

学校などに対して自己中心的で理不尽な要求をする親を意味する。

関連記事一覧