炭酸泉と健康②

■炭酸のつづきです

こんにちは関川忍ことセッキーです!

<炭酸泉と健康②>

炭酸泉にはどのような効能があると思いますか?

 

サロンマーケティング研究所ブログ-ooira
大分県長湯温泉

炭酸ガスは皮膚からが吸収されやすく、すぐに血管にまで到達するようです。
毛細血管から血液に溶け込むと、血中の二酸化炭素濃度が上がって運動後のような「酸素不足」になったと勘違いして酸素を取り込もうと血管が広がり、血の巡りが非常に良
くなります。

なんと1.5倍にまで血管が拡張するそうです。

その結果、組織への酸素供給が増加し、筋肉に溜まった疲労物質・乳酸などの排出が促進され、早く疲れが取れるのです。

また、毛細血管が開くことにより、末梢血管抵抗が減少するので血圧が下がります

そして女性には嬉しい事ですが、
炭酸ガスには、胃腸を刺激し、腸のぜんどう運動を促したり、水分排泄を促す働きがあります。
これにより女性の大敵である便秘を解消することができて、利尿効果や、むくみ解消も期待できるのです。

その他にも様々な効能があるのでご紹介します。
血液循環の改善により、疼痛物質や老廃物を効率よく排除します。
自律神経へ直接作用することにより(脈拍数の減少など)、リラックス効果が得られます。
血液循環の増加により新陳代謝が活発化します。
糖尿病患者や人工透析患者の四肢の血行障害を改善します。
血管を拡張する作用があり、閉塞性動脈硬化症の治療に最適です。
体内の酸素が増え、血液がアルカリ性になります。
通常のお湯に比べ約3倍の保温力があり冷え性にもよいとされています。
弱酸性(pH4.5)の水質なのでアストリンゼント効果(肌の引き締め)があります。
またその効果はお風呂から上がってもしばらく続くので、いつまでもからだが温かく保てることになります。

 

前述のように、高濃度炭酸泉は医学的に治療効果が期待できる9種類の療養泉の一つに分類されています。

 

ではどのような入浴法で利用するのかをご説明します。
お薦めとしては身体への負担が少ない35~37℃の入浴がいいようです。
通常、熱くも冷たくもない温度ですが炭酸温水では2℃ほど高く感じます。
少し長めの15~30分間じっくり浸り、1日に1~2回が適切とされています。

但し、注意すべき点もあります!
注意点1:入浴直前に250㎖位のアルコールを含まない水分を摂る事!
注意点2:長めに入浴する際は途中も水分補給すること!代謝がよくなるので脱水による血液の濃縮に伴う血栓の形成を予防します。
特に高齢者は喉の渇きの感覚がやや鈍っているので、習慣として入浴直前・途中に水分補給することを是非心がけたほうがよいそうです。
注意点3:締め切った浴室では、空気より重いため水面近いところのガス濃度が高くなることがあります。最低中毒濃度は2%と言われています。それで換気には留意する必要があります。
注意点4:副交感神経を刺激しますので、消化管の運動が活発となり、下痢ぎみの人ではひどくなる傾向があるとされています。
注意点5:皮膚から出血している場合も禁忌です→血管が拡張しているので出血し易くなるためです。

その他として・・・
薄毛が期になる方には”嬉しい”副作用として、皮膚血流の改善により発毛や白髪が黒化するケース
があることも知られています。

 

関連記事一覧