滞在時間を長くしよう!

■滞在時間と売り上げは、比例するにハマった編

こんばんは。関川忍ことセッキーです!

今日はOFFで家人と子供部屋の模様替えのためホームセンターめぐりをしてきました。

 

行ったのは・・・

サロンマーケティング研究所ブログ
ジョイフル本田荒川沖店

 

ココは、車で20分くらいの所にあるホームセンターで何でもあるので、ふらっと来ると1日潰せます。

少し前に、駐車場で殺傷事件があったのもココ。

サロンマーケティング研究所ブログ
1月4日に同店駐車場で
中学3年生が刃物で刺された事件です。

 

話はもどしまして、ここの館はインテリア専門館。

(ここは専門館ごとに分かれています)

 

サロンマーケティング研究所ブログ

 

そして、カーテン等を家人が物色し、いま一つイメージに合ったものがないとのことで、帰ろうとした瞬間。

何やらわれわれの目に飛び込んできたものが・・・

 

↓ ↓ ↓

 

サロンマーケティング研究所ブログ

 

「コーヒー無料だって!」

その瞬間、歩き疲れたから少し休憩でもというイメージが頭をよぎり。

コーヒーをいただくことに決定!

 

サロンマーケティング研究所ブログ
殆どコストをかけていないコーナー

 

ボク達はこのコーナーでコーヒーを頂いたわけですが・・・

目の前には様々なインテリアグッズが。

 

そして、家人は「子供たちにあれ買っていこうかなぁ~」

と「抱き枕」ロックオン!

 

結果、この通り

 

サロンマーケティング研究所ブログ
お買い上げ!

 

本来、何も買わずに出ているはずのインテリア館で

たった1杯のコーヒーで買う目的のなかった商品をボク達は買ってしまったのです。

 

それも、1枚のPOPによってそのシナリオが描かれたのでした。

また、左端にある男性スタッフの写真(独特の笑顔)が注意を惹きました。

 

買う目的の商品を選定しているときは、それしか目に入りませんが、一息つくことで、周りに何があるかという意識が働きます。

 

つまり、滞在時間が長いほど商品が売れるのは、このような「間」によって作り出される、新しい情報の収集と、記憶の整理が行われ、検証する時間なのかもしれません。

関連記事一覧