誇りを持ってみよう

■目線を少し上に向けてみよう

おはようございます。関川忍ことセッキーです!

本日1回目の記事です。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
誇りと希望

最近日本が世界に後れを取っているようなNEWSが良く目に飛び込んできます。

でも、こんな言葉が残されています。

 

「彼ら以上に、これほど純粋な人間の心を持つ人はどこにもいない。この国を愛し、尊敬すべきである」

「日本人は、これまで知り合ったどの国の人よりも、うわべだけでなく、全ての物事に対して物静かで、控え目で、知的で、芸術好きで、思いやりがあって非常に感じのよい人達です」




「この国に特有な感情の優しさや、ヨーロッパ人よりもずっと優れていると思われる、同情心の強さ」



「この地球という星の上に今もなお、こんなに優美な芸術的伝統を持ち、あのような簡単さと、心の美しさとを備えている国民が存在している」

「日本人の素晴らしさは、きちんとしたしつけや優しさにある」

「もし、私が日本という国を自分自身の目で見る事の出来る、このチャンスを逃したならば、後悔してもしきれないというほかありません」

サロンマーケティング研究所ブログ

この言葉は、アインシュタインの日本賛辞ですが、それほど日本は素晴らしい国なのです。

自信を持とう!誇りを持とう!あなた自身に!

ステキナ週末を!

関連記事一覧